ABOUT US

神戸港振興協会とは − 沿革

HISTORY

沿革

一般社団法人 神戸港振興協会は神戸港の振興対策を強力に推進し、神戸港の発展を促進する団体として、
昭和33年9月2日、神戸市、神戸商工会議所及び港湾関係業界等によって設立されました。

S33年8月27日 社団法人神戸港振興協会設立総会開催
9月2日 社団法人神戸港振興協会設立(運輸大臣認可)
S38年4月25日 神戸国際港湾博物館竣工(同26日オープン、昭和62年3月閉館)
11月21日 神戸ポートタワーオープン
S42年5月15日 神戸国際港湾博物館4階増築工事竣工
S45年4月21日 神戸タワーサイドビル竣工(同23日オープン)
S46年4月1日 中突堤駐車場管理運営業務を受託(平成10年3月返納)
S48年8月31日 神戸国際港湾博物館増築工事竣工
S53年7月1日 神戸市立須磨ヨットハーバーのサービス業務を受託
10月1日 みなと異人館の管理運営業務を受託
S54年7月19日 神戸国際港湾博物館全面改修工事竣工(同20日新装オープン)
S57年4月1日 ポートアイランド南公園管理運営業務を受託(平成7年3月返納)
S58年4月1日 ポートアイランド中公園・北公園管理運営業務を受託(平成7年3月返納)
S62年4月1日 メリケンパーク駐車場管理運営業務を受託
4月29日 神戸海洋博物館竣工(同30日オープン)
4月29日 メリケンパーク多目的ホール竣工、同管理運営業務を受託
4月29日 メリケンパークレストラン竣工
12月18日 神戸ヘリポート管理運営業務を受託
H元年4月1日 神戸市立須磨ヨットハーバーの管理運営業務を受託
H2年4月1日 船舶廃油処理場維持管理業務を受託(平成7年3月休止)
5月3日 メリケンパークレストハウス竣工、管理運営業務を受託
6月30日 神戸ポートタワー下層階内外装改修工事竣工
H3年4月1日 港務艇「おおわだ2」「きくすい」による神戸港案内業務を受託
4月1日 初入港船・新規航路開設第1船歓迎業務を受託
H4年4月1日 神戸ポートターミナル管理運営業務を受託
7月20日 神戸ポートタワー改修工事竣工
10月25日 京橋臨時駐車場管理運営業務を受託(平成7年1月17日休止)
H5年4月1日 神戸港ポートガイド制度創設。同業務を受託(平成7年3月31日返納)
4月1日 復元帆船「サンタ・マリア」管理運営業務を受託
4~9月 アーバンリゾートフェア神戸 '93の神戸港フェアイベントを受託
7月20日 神戸市立須磨ヨットハーバーのレストハウス竣工
H7年1月17日 阪神・淡路大震災神戸港を直撃。協会運営管理施設のうち被害のあった神戸ポートタワー、神戸海洋博物館、メリケンパークレストラン及び多目的ホール、神戸ポートターミナル、須磨ヨットハーバー、駐車場の営業を休止
4月1日 メリケンパーク駐車場営業再開
4月8日 神戸ポートタワー、神戸海洋博物館営業再開
5月17日 神戸ポートターミナル仮復旧で施設利用再開
H7年6月20日 神戸タワーサイドホテル全面改修工事完工、7月9日リニューアルオープン
6~11月 神戸港復興フェスタ事業を受託
7月21日

神戸市立須磨ヨットハーバー営業再開

7月27日 中突堤駐車場営業再開
H8年3月6日 復元帆船「サンタ・マリア」メリケンパーク移設工事完了
6月 中突堤中央船客待合所ビル復旧工事完工
6~10月 海の日制定記念事業を受託
7~11月 神戸港復興支援事業を受託
7月1日 メリケンパークレストハウス営業再開(平成9年2月撤退)
7月4日 超電導電磁推進船「ヤマト1」移設工事完了、同管理業務を受託
7月4日 神戸ポートターミナル本格復旧、利用再開
7月19日 メリケンパークレストラン及び多目的ホール営業再開
9月14日 メリケンパーク臨時駐車場開設(平成9年5月閉鎖)
10月8日 みなと異人館営業再開
11月6日 神戸港震災メモリアルパーク建設工事を受託
12月 神戸市立須磨ヨットハーバー復旧工事完工
H9年4月1日 中突堤中央船客待合所(現:中突堤中央ターミナル東館)管理業務を受託
4~12月 神戸開港130年記念事業を受託
4月28日 テクノスーパーライナー実海域模型船「疾風」披露式典を開催。同管理業務を受託
5月19日~5月20日 国際港湾都市「神戸サミット」開催
7月15日 「神戸港震災メモリアルパーク(屋外展示)」竣工披露式典を開催
H10年1月17日 神戸海洋博物館「神戸港震災関連展示コーナー」一般公開
3月20日 神戸海洋博物館「3Dハイビジョンシアター」一般公開
4月1日 中突堤中央ターミナル(かもめりあ)管理運営業務を受託
H11年9月1日 中突堤臨時駐車場を開設(平成13年1月閉鎖)
H12年2月20日 神戸海洋博物館「コンテナターミナル」改修完成、一般公開
3月31日 須磨ヨットハーバー、神戸ヘリポート、神戸ポートターミナルの管理運営業務を他団体へ移管。神戸ポートターミナルの管理運営業務のうち、インフォメーション業務については当協会が引き続き、受託
6月3日 メリケンパーク多目的ホールを用途変更、フィッシュダンス音楽練習場完工・オープン
H13年1~9月 神戸21世紀復興記念事業「KOBE 2001 みなとフェスタ」事業を実施
2月22日 メリケンパーク協議会設立
3月25日 神戸ポートタワーリニューアルオープン(展望階・低層階改修等)
4月1日 神戸ポートターミナル管理運営業務を受託
4~7月 モニュメント時計製作事業を受託
H14年4月1日 神戸タワーサイドホテルを神戸タワーサイドホテル㈱が運営開始
4月28日 メリケンパークレストラン再オープン
H14年8月10日 神戸ポートタワー下層1階「メリケンカフェ」、展望3階「スカイラウンジ」
リニューアルオープン
9月7日 神戸ポートタワー下層2階レストラン「メリケン食堂」等リニューアルオープン
11月25日 「海フェスタ」KOBE実行委員会設立(平成15年9月解散)
H15年4月1日

ポートアイランド南・北公園駐車場の管理運営業務・巡回業務を受託

4月1日 みなと神戸ホームページ研究会運営業務を受託
4月10日 神戸海洋博物館2階レストラン「コム・シノワ」オープン
7月19日~7月26日 「海フェスタ」KOBE~海の祭典2003~実施
H16年1月26日~2月20日 中突堤中央ターミナル(かもめりあ)2階改修工事を受託
2月19日 デイリーヤマザキ神戸新港東店開業
3月8日 復元帆船「サンタ・マリア」修復工事を受託(7月完工)
4月1日 解散した神戸港厚生サービス協会の事業用財産を受入れ
4月1日

解散した神戸港厚生サービス協会から港湾福利厚生施設等運営事業(神戸海員会館、神戸港摩耶船員サービスセンターの運営等)、港湾福利厚生事業、須磨ヨットハーバー管理付随事業を継承

4月1日 港湾幹線道路等料金徴収業務、須磨ヨットハーバー管理運営業務、神戸ヘリポート管理運営業務、中突堤旅客ターミナル管理運営業務、岸壁給水業務、ガントリークレーン保守業務を受託
6月28日 中突堤中央ビル改修工事を受託・着工
10月1日 神戸海洋博物館改修工事のため一時休館(~平成17年4月)
10月1日 神戸港観光センター「波止場町五番館」オープン(中突堤中央ビル1階)
H17年1月19日~4月20日 震災10年神戸からの発信事業「神戸港事業」プレイベント実施
2月7日

「震災10年神戸からの発信事業」みなとの実行委員会設立

3月31日 神戸海員会館及び神戸港摩耶船員サービスセンターを閉館
3月31日 中突堤中央ターミナル(かもめりあ)の管理運営業務を他団体に移管
4月1日 メリケンパーク臨時バス駐車場の管理運営業務を受託、4月16日供用開始
4月1日 指定管理者として、神戸港震災メモリアルパークの管理運営業務を受託
4月1日 中古建設機械輸出促進ネットワーク協議会にかかる業務の受託
4月1日 中古自動車輸出促進ネットワーク協議会にかかる業務の受託
4月21日 神戸海洋博物館「震災10年神戸からの発信事業」メイン会場として再オープン
4月21日~8月31日 震災10年神戸からの発信事業「神戸港事業・神戸からありがとう」実施
9月1日

神戸海洋博物館改修工事のため10月2日まで一時休館

10月3日 神戸海洋博物館暫定営業開始
11月1日 神戸海洋博物館大展示室の借受者、川崎重工業に決定
1月11日 中突堤旅客ターミナルがCIQ施設を備えた外航クルーズ船対応ターミナルとしてリニューアルオープン
H18年1月18日

神戸海洋博物館内のカワサキワールド改装工事着工、5月17日オープン

2月23日 波止場町 TEN×TEN オープン
3月4日 リニューアル後の中突堤旅客ターミナルに初めての外航クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が入港
3月25日 中突堤旅客ターミナルに初めての外国クルーズ客船「NAUTICA 」が入港
3月31日 神戸ヘリポートの管理運営を他団体に移管
4月1日 指定管理者として、神戸ポートターミナル及び中突堤旅客ターミナルの管理運営業務及びインフォメーション業務、須磨ヨットハーバーの管理運営業務、中突堤中央ターミナル東館の管理運営業務を受託
4月1日 須磨海水浴場の運営付随業務を受託
5月17日 神戸海洋博物館内にカワサキワールドがオープン
5月18日 神戸からの発信ネットワーク事業「タイムズメリケン2006」元気in KOBEイベント受託
10月4日 神戸海洋博物館/カワサキワールドがオープン後の入館者数10万人達成
10月8日 神戸開港以来最大船「EMMA  MAERSK」(170,794総トン)入港
H19年1月24日 「開港140年 神戸港に感謝する会」発会式
1月30日

環太平洋友好港会議開催

2月15日

関西国際空港観光案内所業務受託

2月25日 在日本中国全権大使と中国領事館総領事が神戸海洋博物館に来館
4~11月 「神戸開港140年記念事業」を実施
4月1日 コンビニエンスストアを(株)デイリーヤマザキに賃貸
5月7日 アメリカ合衆国総領事が神戸海洋博物館に来館
5月17日 KOBE都心ミュージアムネットワーク設立
6月8日 完成したポーアイしおさい公園岸壁に練習船「海王丸」「大成丸」「銀河丸」の
3隻が初着岸。公園の命名式開催
6月16日 冬柴国土交通大臣が神戸海洋博物館に来館
6月28日 中期経営計画(第1期)策定
7月14日~7月16日 「第6回 Kobe Love Port みなとまつり 2007 」開催。16日には「海の日スペシャル」と銘打って神戸開港140年記念式典をメリケンパーク特設ステージで開催
9月8日 神戸海洋博物館の入館者 500万人達成
11月23日~11月25日 神戸開港140年事業「帆船フェスタ in KOBE 2007 」開催。3日間で11万5千人が訪れた
H20年3月20日 松島国土交通副大臣が神戸海洋博物館に来館
5月9日 中国・天津市長一行が神戸海洋博物館に来館
6月19日 神戸港振興協会設立50周年記念で着ぐるみ「神戸ポートタワー君」誕生
6月28日 練習帆船「日本丸」など14隻の船を一同に集め「KOBE 帆船フェスタ 2008 ~ふねふね大集合 in 神戸港~」を開催。1万3千人が来場
6月28日 神戸海洋博物館が、みなとの博物館ネットワークフォーラム事務局担当
7月14日 「神戸ポートタワー君」の愛称を募集。応募総数611通から「キャプテンタワー君」に決定
8月8日 神戸海洋博物館/カワサキワールドがオープン後の入館者数50万人達成
H20年9月2日 神戸港振興協会設立50周年を迎える
10月31日 神戸タワーサイドホテルが営業停止
H21年1月7日 野田国土交通副大臣が神戸海洋博物館に来館
2月15日

地球深部探査船「ちきゅう」の船内一般公開を実施。 9,312人が見学

2月24日 姫路市立水族館から台湾の民俗船「タタラ船」2隻を譲り受ける
3月25日 KEMS(神戸環境マネジメントシステム)認証(ステップ1)取得
4月1日 指定管理者として、神戸港震災メモリアルパークの管理運営業務を引き続き、受託
4月24日 神戸タワーサイドホテルを神戸ポートタワーホテルに名称変更し、(株)アベストコーポレーションが運営開始
5月16日 神戸市内で新型インフルエンザが確認され、神戸まつり・ヨットレースなど多くの行事が中止または延期された。1日の入館者が神戸海洋博物館では29人、神戸ポートタワーでも72人という最低記録を残した
7月13日

広報情報誌「港の風~神戸港からのたより~」を創刊

7月17日~8月16日 新型インフルエンザの発生で落ち込んだ「みなと神戸」の観光産業を盛り上げるため「みなと神戸元気アップキャンペーン」を実施期間中、神戸ポートタワーなど市内観光施設10か所を無料開放
8月1日 第39回みなとこうべ海上花火大会で「みなと神戸元気アップキャンペーン」として過去最大規模の1万発の花火を打ち上げ、25万1500人の観客を魅了した
11月6日 日本郵船と川崎汽船のご協力を得て、現行デザインの20フィートドライコンテナを屋外展示物として神戸海洋博物館東側に設置
11月20日 川崎造船のご協力を得て、自立型無人潜水機(水中ロボット)「マリンバード」を屋外展示物として神戸海洋博物館西側に設置
12月3日~12月25日 神戸港第1関門の赤灯台をサンタクロースに飾り付け
H22年1月12日~3月18日 神戸ポートタワーをオープン以来、初めて休業して、大規模リニューアル工事を実施
3月1日~3月14日 須磨ヨットハーバーの改修整備工事(19年度~21年度)が完成し、新規保管艇を募集
3月19日 神戸ポートタワーが暫定営業再開
3月26日 中期経営計画(第2期)策定
3月31日 メリケンパーク駐車場管理事務所及び入出庫ゲートの移設工事完了
4月1日 指定管理者として、神戸ポートターミナル及び中突堤旅客ターミナルの管理運営業務及びインフォメーション業務、須磨ヨットハーバーの管理運営業務の管理運営業務を引き続き、受託
4月23日 港務艇「おおわだ2」の引退に伴い、港務艇「きくすい」及び民間船チャーターによる「神戸港案内業務」を開始
4月28日~5月30日 5月末まで週末イベントを開催
4月28日 神戸ポートタワーのリニューアルオープンに合わせて、「みなと振興友の会」を発足
H22年5月6日 神戸プロポーズの日に協賛して、神戸ポートタワーを砂時計に見立てたLED照明を以後毎月第1日曜日の19時59分から点灯
7月25日 神戸海洋博物館入館者数555万5,555人達成
10月9日 ブリスベーン市副市長一行神戸海洋博物館に来館
10月16日 テクノオーシャン2010で「ちきゅう」「よこすか」「Dr.海洋」の船内一般公開を実施。7,814人が見学
H23年1月14日 神戸港震災メモリアルパーク多言語化改修工事完成
2月21日

「しお風希望のガーデン」海洋博物館前花壇設置

3月13日 東日本大震災で亡くなられた方々、被災された方々への哀悼の意を込め、神戸ポートタワー、神戸海洋博物館ライトアップ中止
4月1日 一般社団法人へ移行
4月11日 神戸ポートタワー、神戸海洋博物館ライトアップ再開(神戸ポートタワーは「ガンバロウ!東日本」の文字をLED照明で表示)(~6月4日)
5月8日 第33回神戸港カッターレース(92チーム参加)に被災地から宮古海上技術短期大学校カッター部を招待
8月30日 東日本大震災の被災地復興支援イベントとして「こども交流会」を神戸海洋博物館で開催。神戸市内に避難している児童60人が参加
9月24日~9月25日 南極観測船2代目「しらせ」の初入港に伴い、船内一般公開を実施。7,463人が見学
12月22日 東日本大震災義援金として、(財)神戸新聞厚生事業団を通じて被災地復興のために、みなとこうべ海上花火大会実行委員会から100万円を寄託
12月31日 神戸海洋博物館でカウントダウンコンサートを実施
H24年3月9日  三菱重工業(株)神戸造船所で最後の商船建造となった商船三井の自動車運搬船「EMELALD ACE」(60,200総トン)の進水式見学会を実施。6,500人が見学
3月22日 神戸ポートタワーホテル売却(売却先:(株)アベストコーポレーション)
4月14日 神戸海洋博物館2階レストラン「雅苑酒家」オープン
【レストラン「The Ocean」(コム・シノワ)はH23.12.27閉店】
7月9日 神戸港に初入港した過去最大のクルーズ客船「VOYAGER OF THE SEAS」
(137,276G/T、全長311.12m)を歓迎
8月25日~8月26日 神戸開港150年まで毎年夏休み最後の土・日曜日にイベントを開催することになり、第1回~夏の終わりの神戸港物語2012~「KOBE MUSIC & GOURMET PORT」 を開催、27,000人が来場
10月8日 神戸海洋博物館で入館者600万人目を達成
12月15日 神戸港で初めて「神戸メリケン薪能」を開催(雨天のためポートアイランド国際会議場で上演)
H25年2月22日 練習帆船「日本丸」が通算60回目の入港となり、歓迎セレモニーを実施
3月9日~5月12日 メリケンパークで「ポップサーカス神戸公演」を共催、11万599人が来場
4月26日 神戸国際港湾博物館と神戸海洋博物館を通算して開館50周年を迎えた
H25年5月28日 メリケンパークに「トリガー装置」を展示
6月28日~7月上旬 復元帆船「サンタ・マリア」老朽化のため解体
6月27日 中期経営計画(第3期)策定
8月8日 神戸ポートタワー入場者2,300万人達成
8月9日 カワサキワールドが累計入館者数150万人達成
11月2日~12月23日 神戸海洋博物館で特別展「丸木舟から宇宙船まで~未知なるものを求める船~」を開催、32,316人が来場
11月20日~11月24日 神戸ポートタワー50周年イベントを開催
11月21日 神戸ポートタワーが開業50周年を迎えた
H26年2月7日 神戸ポートタワー展望5階に「愛」のフォトスポットを設置
3月19日 メリケンパークに「サンタ・マリア」のモニュメントを設置
4月1日~ 消費税率改定に伴い、協会各施設の入場料・使用料を改定する
神戸海洋博物館 Feel Kobe THE TERRACE OF KOBE PACIFIC カワサキワールド 神戸ポートタワー PORT OF KOBE 神戸港 クルーズ客船情報 みなと総局 神戸港振興協会facebookページ 神戸港振興協会採用情報 神戸開港150年 ベイシャトル